制作発表会レポート

3月7日(水)、宝塚歌劇雪組公演 かんぽ生命 ドリームシアター ミュージカル・プレイ『凱旋門』—エリッヒ・マリア・レマルクの小説による—、かんぽ生命 ドリームシアター ショー・パッショナブル『Gato Bonito‼』~ガート・ボニート、美しい猫のような男~の制作発表会が行われました。   

写真 [写真左から]真彩 希帆(雪組)、望海 風斗(雪組)、轟 悠(専科)、植平 光彦様(株式会社かんぽ生命保険 取締役兼代表執行役社長)、小川 友次(宝塚歌劇団 理事長)、謝 珠栄氏(演出家・振付家)、藤井 大介(宝塚歌劇団 演出家)

制作発表会には、公演にご協賛いただく、株式会社かんぽ生命保険 取締役兼代表執行役社長・植平光彦様をはじめ、宝塚歌劇団理事長・小川友次、演出家・振付家の謝珠栄氏、宝塚歌劇団演出家の藤井大介、専科の轟悠、雪組トップスター・望海風斗、雪組トップ娘役・真彩希帆が登壇し、ご挨拶申し上げました。
  

名作、待望の再演。華やかなラテン・ショーとの胸躍る二本立て!

第一幕の『凱旋門』は、2000年に雪組で初演。第二次世界大戦前夜のパリを舞台に、過酷な運命に翻弄されながらも懸命に生きる人々の姿を描いた物語です。今公演は、初演時に主演を務めた専科の轟悠と、今勢いに乗る望海風斗率いる雪組との共演も話題となっています。
一方、第二幕『Gato Bonito!!』は、美しい猫からイメージされる姿を個性豊かな雪組生たちに重ね合わせ、バラエティに富んだ場面で構成される華やかでドラマティックなラテン・ショー。
傑作ミュージカルの待望の再演と、エネルギッシュな雪組の魅力に満ちあふれたショーの2作品をお届けします。   

珠玉の旋律に乗せた、名場面の再現

制作発表会は『凱旋門』のパフォーマンスから始まりました。
暗い舞台に光がさすと、ラヴィックに扮したスーツ姿の轟悠の姿が浮かび上がり、この作品で作曲を手掛けた、故・寺田瀧雄の名曲「雨の凱旋門」を披露。ジョアン・マヅーに扮した真彩希帆も加わり、絶望の中に見出した愛を、しっとりと歌います。   

写真

続いて、グレーのコートに身を包んだボリス・モロゾフ役の望海風斗が登場。作品内でも印象深い楽曲「いのち」で自由への希望、平和への祈りを高らかに歌い上げます。そこに、轟、真彩が加わり3人による熱の入ったパフォーマンスに、会場の期待も一気に高まりました。   

写真

  

写真

なお、今回の再演を記念して、来たる5月7日(月)、宝塚大劇場において、『凱旋門』前夜祭を開催することが決定いたしました。初演時にボリス役を演じた香寿たつきさん、ジョアン役を演じた月影瞳さんをゲストに招き、『凱旋門』再演へのカウントダウンを盛り上げます。

  

6月8日(金)に初日を迎える雪組公演『凱旋門』と『Gato Bonito‼』は、胸に迫る名作ミュージカルと、情熱的でドラマティックなラテン・ショー、充実の2本立てです。
宝塚大劇場・東京宝塚劇場公演、そして前夜祭にもどうぞご期待ください!   

チケットはこちらから

宝塚大劇場公演

2018/5/5(土)より一般前売開始!

東京宝塚劇場公演

2018/6/24(日)より一般前売開始!

OPEN