制作発表会レポート

4月17日(水)、宝塚歌劇雪組公演 かんぽ生命 ドリームシアター 幕末ロマン『壬生義士伝』、かんぽ生命 ドリームシアター ダイナミック・ショー『Music Revolution!』の制作発表会が行われました。   

[写真左から]中村 一徳(宝塚歌劇団 演出家)、石田 昌也(宝塚歌劇団 演出家)、浅田 次郎様(「壬生義士伝」原作者)、小川 友次(宝塚歌劇団 理事長)、植平 光彦様(株式会社かんぽ生命保険 取締役兼代表執行役社長)、望海 風斗(雪組)、真彩 希帆(雪組)、彩風 咲奈(雪組)

制作発表会には、公演にご協賛いただく、株式会社かんぽ生命 取締役兼代表執行役社長・植平光彦様、宝塚歌劇団理事長・小川友次、宝塚歌劇団演出家の石田昌也と中村一徳、雪組トップスター・望海風斗、雪組トップ娘役・真彩希帆、彩風咲奈に加え、「壬生義士伝」原作者の浅田次郎氏にもご登壇いただきました。   

人気時代小説の舞台化、そして革命的なショーの二本立て!

ドラマ化、映画化ともに大ヒットを記録した浅田次郎氏のベストセラー小説をもとに舞台化した『壬生義士伝』。幕末の混乱を背景に、武士としての義、家族への愛、そして友への友情という人間ドラマが凝縮された作品に、望海風斗率いる雪組が挑みます。

『Music Revolution!』は、「音楽」の起源から今日に至るまでの発展をテーマに、「音楽」の持つ美しさと素晴らしさをダイナミックにお届けするショーです。雪組が一丸となって奏でるハーモニーに、どうぞご期待ください。   

南部藩士の誇りを歌い上げるパフォーマンスに万雷の拍手

制作発表会は、『壬生義士伝』のパフォーマンスから始まりました。   

写真

壇上に現れる、二本差し姿の望海風斗と彩風咲奈。主人公・吉村貫一郎が親友の大野次郎右衛門に脱藩の意志を伝える場面が披露されると、一人残った大野次郎右衛門役の彩風が、「南部讃歌」の曲にのせて、固い決意とともに故郷を去ろうとする友への想いを切々と歌います。   

写真

場面が一転すると、望海が、妻しづに扮した真彩希帆を伴い、原作では物語の核となる2人の別れの場面を再現します。南部藩士の心意気を表現した楽曲「石を割って咲く桜」を、妻への愛、武士としての誇り、そして故郷・南部藩への想いを込めて歌い上げました。望海の重厚感のある歌声に、真彩の美声が重なり、作品の世界観に惹き込まれた会場からは、熱い拍手が送られました。   

写真

豊かな表現力と歌唱力を備えた望海風斗を筆頭に、出演者一同、真心を込めてお送りする、宝塚歌劇版『壬生義士伝』。そして、雪組がセンセーションを巻き起こす華麗なショー『Music Revolution!』。豪華二本立てに、どうぞご期待ください!   

チケットはこちらから

東京宝塚劇場公演

2019/6/30(日)より一般前売開始!

OPEN